社会人になってから通っていた英会話教室

独身の頃、まだ正社員で働いたころのことですが、少しの期間英会話教室に通っていました。そのころ事務職として働いていましたが、どうしても自分の仕事に自信が持てず、何か自分の自信になるようなものを持ちたい、資格取得や勉強をしたい、と考えていました。仲の良い友達で短期留学のワーキングホリデーを体験した子がいて、とても有意義な経験だったと教えてもらい、お金を貯めて、私も短期留学をしたい、と考えるようになりました。
それにはまず、英語を話せるようにならなければと思い立ち、地元の小さな英会話教室に通うことにしました。大手の有名な英会話教室は受講料も高額なところが多く、あまりお金をかけたくなかったので、小さな教室を選びました。
ですが、それが失敗でした。その英会話教室は講師が教室にいないのです。まず教室に入るとパソコンの前に座り、ヘッドフォンをかけます。ヘッドフォンからは英語の曲や対話が流れていて、たまに質問を投げかけられるので、それに答えていくだけ。または、パソコンに映像が映し出されて、ただそれを眺めているだけで一日の授業は終了です。
最初はこれでも成果が出るのかもしれない、と思い、一生懸命毎週通っていましたが、だんだんとおかしいな、と気が付きました。
ただ画面を見てヘッドフォンをして聞いているだけなら、家で通信教育を受けているのと変わらないのはないかと。
通信教育の方がはるかにお値段もお安く、全く上達も見込めなかったため、半年も経たない頃にその教室は退会しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です