4月は君の嘘という映画を見た

映画を見ました。初めて見る映画を見ました。2016年に公開された映画でした。「4月は君の嘘」という映画を見ました。この映画は、ベストセラー漫画を実写映画化したそれです。切なくも心躍る音楽青春ラブストーリーでした。最近は青春ラブストーリーは、見たことがなかったので見れて良かったです。そして、勉強をしました。豊臣秀吉の新しい政策は、検地と刀狩です。織田信長が他の戦国大名と同様の検地を実施したのに対し、豊臣秀吉は獲得した領地に新しい方式の検地を実施しました。全国統一を達成した翌年、豊臣秀吉は全国の大名に対し、領国の検地帳と国絵図の提出を命じました。この検地帳を作成するため、全国で統一的な基準による太閤検地が行われました。村ごとに田畑・屋敷地の面積・等級を調査しました。そして田畑に上・中・下などの等級をつけ、その生産力を米の収穫量であらわしました。これが石盛で、これに面積をかけて石高を定めました。また、一地一作人の原則によって直接耕作者を年貢負担者として検地帳に登録しました。この検地によって全国支配の統一基準としての石高制が完成し、大名がその領地の石高に応じて軍事的な負担をになう体制が整えられました。

4月は君の嘘かもしれないが、LCインナーボールの口コミは本物

おだんごを食べた

おだんごを食べました。ごまだんごを食べました。1個だけ食べました。中には、こしあんが入っていました。外側には白ごまと黒ごまがかかっていました。こしあんなので、味があっさりしていました。そして、勉強をしました。1585年、豊臣秀吉は朝廷から関白に任じられると全国の戦国大名に停戦を命じ、これに違反したとして1587年には九州の島津氏を制圧し、1590年には関東の北条氏をほろぼして全国を統一しました。豊臣秀吉は、織田信長の経済政策を発展させ、堺・京都など重要都市を直接支配して豪商を支配下におこうとしました。さらに主要な鉱山も直接支配して金銀を独占し、天正大判などもつくりました。豊臣政権のおもな経済的基礎は、豊臣秀吉の直轄領220万石にありました。直属の軍事力は不十分で、政治組織もととのっていませんでした。豊臣秀吉は晩年になって、とりたててきた浅野長政・石田三成らの5人の大名を五奉行として分担させ、徳川家康・前田利家らの有力大名を五大老として重要政務を合議させる制度をつくりました。また豊臣秀吉は、関白になったり後陽成天皇を聚楽第にむかえたりするなど、天皇の権威を利用して国家体制をつくろうとしました。